ILFJ理事長挨拶Greeting

国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会設立に当たってEstablishing the International Lymphoedema Framework–Japan

Hiromi Sanada

国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会は英国を拠点に活動する「International Lymphoedema Framework (ILF)」の日本支部として開設されました。ILFはグラスゴー大学看護学部教授のDr. Christine J. Moffattが立ち上げ、リンパ浮腫で苦しむ世界中の患者のサポートを標準化する取り組みです。

私がこのILFの日本支部の世話人代表になった背景を少し説明させていただきます。私はもともと創傷看護学を専門に研究・実践活動を行っており、特に褥瘡管理に力を入れておりました。しかし、様々な要因により下肢に創傷を有する患者が多くなってきたことに気づき、褥瘡とは異なる病態で生じる創傷管理の進歩が必要であることを痛感しておりました。

ご存知のように、下肢の創傷は動脈や静脈と同様にリンパ管が重要な役割を持っており、褥瘡において体圧管理が治療の基盤であるのと同様に、血流、リンパ流の管理が治療の基盤であります。

2006年、最新の情報を得るために、Dr. Christine J. Moffattに来日していただき、リンパ浮腫のアセスメント技術についてご講演いただきました。幸運なことに、Moffatt先生は、以前から下腿潰瘍を専門とする看護学の世界的な研究者として、尊敬してまいりましたし、創傷看護学を日本で立ち上げるために2003年に先生を訪ねて渡英してアドバイスをいただいた経緯もありました。

2006年の講演で感銘を受けたのが、重要な創傷の原因であるリンパ浮腫の管理方法に関するガイドラインの紹介でした。それが「Best practice for lymphoedema management」との出会いでした。私の研究室でこの本の翻訳をさせていただくべく版権を取得し、「リンパ浮腫管理のベストプラクティス」として日本で公開させていただきました。この訳本は国内で大きな反響をいただき、これがきっかけとなり、現研究協議会のメンバーであるリンパ浮腫管理のエキスパートたちに出会うことができました。それらエキスパートたちと、大学の研究者が集まってできたのがこの国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会です。

本会の目的は、ILFが出版しているリソースの日本への紹介を行い、ILFが主催しているミーティングへの参加など学術活動を通して、日本のリンパ浮腫管理の均霑化を図り、また、逆に日本の優れたリンパ浮腫管理技術を世界に発信することで、リンパ浮腫で苦しむ患者がひとりでも少なくなるように、あるいはリンパ浮腫によるQOLの低下が少しでも解消されるような医療体制を構築することです。

本会の趣旨にご賛同いただける皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。

Hiromi Sanada

The International Lymphoedema Framework–Japan was established as the Japanese branch of the "International Lymphoedema Framework (ILF)" based in the UK. The ILF is an initiative launched by Professor Christine J. Moffatt, when she was a professor of nursing at the University of Glasgow, to standardize support for patients worldwide suffering from lymphoedema.

I will explain a little bit about how I became the director of the Japanese branch of the ILF. I originally specialized in research and practice of wound care management, with a particular focus on pressure ulcer management. However, due to various factors, I began to notice more and more patients with wounds on their lower limbs and became keenly aware that advances in wound management are necessary to treat chronic wounds caused by different pathologies than pressure ulcers.

As you know, the lymph vessels play important roles in maintaining skin function as well as the arteries and veins of the lower limb wounds, and the management of blood flow and lymph flow is the basis of treatment for lymphoedema as is the case with interface pressure management for pressure ulcer treatment.

In 2006, in order to obtain the latest information on lymphoedema management, we invited Professor Moffatt to Japan to give a lecture on the technique for assessing lymphoedema. Professor Moffatt is a world-renowned researcher specializing in lower leg ulceration and advised me to establish wound care management department in Japan in 2003.

A notable part of the lecture in 2006 was the introduction of guidelines on how to manage lymphoedema, the significant cause of wounds. That was my first introduction to "Best practice for lymphoedema management". I obtained the permission to translate into Japanese this book and published it in Japan. This translation received an overwhelmingly positive response here in Japan, and created many opportunities to meet experts in lymphoedema management, including the current board members. The gathering of these experts and academic researchers brought about the formation of the International Lymphoedema Framework–Japan.

The purpose of this branch is to introduce the resources published by the ILF to Japan and to promote the uniformization of Japanese lymphoedema management through academic activities such as participation in ILF meetings. We plan to establish a medical system that can prevent even a single patient from suffering from lymphoedema or any deterioration in quality of life caused by lymphoedema and disseminate Japanese excellent lymphoedema management technique to the world.

I sincerely look forward to you being a part of our branch as we strive to improve lymphoedema management in Japan and across the globe.

Hiromi Sanada

国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会
理事長
真田 弘美(東京大学大学院医学系研究科老年看護学/創傷看護学分野)

International Lymphoedema Framework–Japan
President
Hiromi Sanada

設立趣意Our objectives

このサイトについて

2010年12月25日 国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン懇話会が発足し、本日ホームページを開設する運びとなりました。

本会は、International Lymphoedema Framework (ILF)の日本支部として、 リンパ浮腫の予防と管理の研究の向上に貢献する事を目的とし、下記の事業を行うもの であります。

  1. 定期的な学術集会、講演会および講習会などの開催
  2. ILFの他国支部や内外の関連学術団体との連絡および連携
  3. 学術関連出版物などの刊行
  4. その他

International Lymphoedema Framework;ILF(国際リンパ浮腫フレームワーク)とは

ILFとは

目的:リンパ浮腫および関連疾患の管理を世界的に改善させる

Mission

  • リンパ浮腫の詳細な情報を示すことによって意識を向上させる
  • 研究を企画し実践することによってリンパ浮腫に関する知識を増やす
  • 国際的で、非営利の出版物を発刊することによって、知識の普及を目指す
  • 教育プログラムを作成し実践することによって、リンパ浮腫およびその管理に対する理解を深める
  • 国際的年次大会を通じて、すべての関係者がILFに貢献し影響力を発揮する機会を持ち、異文化間で情報交換する場を提供する
  • 国際的なミニマムデータセットを開発しベストプラクティスを促進し、明文化する
  • 世界のすべての患者によりよい治療機会を提供する
  • 世界のあらゆる地域において、国家/地方/地域管理でのリンパ浮腫管理を改善させることを目標とし、イニシアティブを発揮できるようサポートする
  • 医療が患者および治療者の真のニーズを理解できるように支援し、改良された診断ツールおよび治療を開発し評価する
  • 国際協力を促進する

ILFは、2002年にThe UK Lymphoedema Framework により創設されました。このイギリスでのプロジェクトには、臨床での専門的な実践者、研究者、リンパ浮腫組織関係者、患者サポートグループ、企業団体が参加し、さらにベストプラクティスの標準化に同意した国外の実践者達を含む国内外の研究プロジェクトへの発展に至りました。

ILFJ which is the National Framework is non-profit organisations that are working nationally to uphold the philosophy of the ILF. They are committed to have patients at the heart of any activities, collaborate in multidisciplinary partnerships between all stakeholders in their country, and support the missions of the ILF.

Examples of the work that ILFJ have contributed are:

  • annual conference in Japan
  • participation in LIMPRINT study and ILF projects
  • publish the Journal “LYMPHOEDEMA RESEASRCH AND PRACTICE”

What is ILF?

ILF: A Charity

The success of the UK Lymphoedema Framework in improving the management of this condition in Great Britain has led many international Lymphoedema experts to express an interest in the Framework Methodology and Spirit. This is why Christine Moffatt CBE and her team decided to set up the International Lymphoedema Framework (ILF) as a charity.

The choice of charitable status is a strong message to the lymphoedema community on the ethos and vision that govern the Framework. It is also a guarantee of the independance of the ILF in the ethical use of its resources and its capacity to actively contribute to the improvement of the management of lymphoedema worldwide and especially in developing countries:

International Lymphoedema Framework
Registered Office: 7-8 , Ritz Parade, Western Avenue, London, W5 3RA
Registered in England (No 0679 2587); Registered Charity in England and Wales (No 1134989)
Office of the Secretariat: Nordre Fasanvej 113, 2000 Frederiksberg C, Denmark; Phone: +45 7020 0305
https://www.lympho.org/

Mission of ILF

  1. To increase awareness by raising the profile of Lymphoedema.
  2. To increase knowledge about Lymphoedema by initiating and/or contributing to Research Programmes.
  3. To disseminate this knowledge by implementing an international, not-for-profit, publications strategy.
  4. To increase understanding of Lymphoedema and its management by creating and/or contributing to the development of Education Programmes.
  5. To promote and facilitate International Collaboration.
  6. To provide a crass cultural networking platform through on Annual International Event where all stakeholders will have the opportunity to contribute and influence the ILF agenda.
  7. To promote and document Best Practice with the development of an International Minimum Dataset.
  8. To facilitate and/or contribute to better access to treatment for patients worldwide.
  9. To promote and support initiatives whose goals are to improve the national/regional/local/ management of Lymphoedema anywhere in the world.
  10. To help the Healthcare Industry understand the real needs of patients and practitioners, and develop and evaluate improved diagnostic tools and treatments.

役員名簿Members

理事長 真田 弘美
理事 奥津 文子、木村 恵美子、小林 範子、作田 裕美、佐藤 文、須釜 淳子、増島 麻里子、吉沢 豊予子
幹事 仲上 豪二朗
監事 荒井 よう子、村山 志津子
事務局 臺 美佐子、三浦 由佳、玉井 奈緒(補佐)
International Advisor C. Moffatt CBE, Chair of ILF
編集委員会 須釜 淳子(編集委員長)、小林 範子、作田 裕美、佐藤 文、 三浦 由佳(事務局)

2018年4月現在

President Hiromi Sanada
Board members Ayako Okutsu, Emiko Kimura, Noriko Kobayashi, Hiromi Sakuda, Aya Sato, Junko Sugama, Mariko Masujima, Toyoko Yoshizawa
Manager Gojiro Nakagami
Auditors Yoko Arai, Shiduko Murayama
Administrators Misako Dai, Yuka Miura, Nao Tamai
International Advisor C.Moffatt CBE, Chair of ILF
Editorial board Junko Sugama (editor-in-chief), Noriko Kobayashi, Sakuda Hiromi, Aya Sato, Yuka Miura (administrator)